弔う気持ち

人間生きていれば、必ず葬儀へ出席する事があるでしょう。
勿論、自分が喪主となって親の葬儀を取り仕切る必要も出てきます。

葬儀と言うのは中々大変で、1回行うのに様々な手続きが必要です。
更に、式だけでなく様々な場所でお金がかかりますし、時間もかかります。
死を悲しむ暇等ないような忙しさで毎日が回ってしまうのです。

ですが、最近では家族関係も変化し、親族や友人、兄弟等が存在しない核家族化も進んでいます。
ですから、これまでのような昔ながらの葬儀をするのは中々に難しく、葬儀の形も変化してきています。
これを知っておくだけで、貴方が実際に葬儀をするとなった場合の負担を軽減させられます。
家族葬や直葬等…貴方が知らない形の葬式、供養方法が日本にもたくさん入ってきています。

昔、日本は火葬ではありませんでした。しかし、すっかり今の形に定着したのは、宗教等があまり関係ない合理的な理由によっての物なのです。
貴方が死ぬ時にも、家族に迷惑はかけたくありませんよね?ならば予め葬儀の事について相談しておく方が良いでしょう。
家族葬にするのか、もっと盛大に式にするのか…形は様々になりますからね?

貴方がちゃんと家族葬とは何か、直葬とは何かを理解していなければ…これ以上どうしようもありません。
ですのでちゃんと注意して、葬式や家族葬の為のマナーや常識を身に着けて生活しましょう。

関連リンク

互助会を利用するなら│互助会ドットコム

Calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930