流れ

葬儀を行う時には、通夜、葬儀、火葬と言う順序になります。
まずは死亡当日中に葬儀屋へ話をつけ、死亡診断書を提出して火葬許可書を市役所から貰います。
そのまま納棺して通夜への準備を行うのです。

通夜には、しっかりと決められた形式があります。中でも有名な決まり事と言えば、寝ずの番では無いでしょうか。
死者の魂に魔が寄ってくる事が無いように、誰かが火を絶やさずに寝ずの番をします。
しかし、最近では夜間に火をそのままにするのは危険とされていますし、消防署等から禁止されている葬儀場もあります。
ですから、反通夜と言う形を取って、親族は夜間になると家へ帰る形の葬儀が多いようです。

通夜が終われば、次は僧侶をよんで葬式を行います。
完了すれば出棺して火葬場で火葬しますが、今の日本では24時間以内に火葬する事は認められていませんので、略式で葬儀を行う場合にはそれに気をつけるようにしましょう。
火葬場へ行く時には、行き帰りに同じ道を通らない事…と言うマナーがあります。

Calendar
2017年2月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728