歴史

葬儀とは、一体いつから始まった物なのでしょうか?
これは昔、ネアンデルタール人の頃から行われていたと言われています。当時はまだお墓と言う概念はありませんでしたので、花を供えたりすると言うような簡素な物でした。
しかし、死を悲しむ、弔うと言う気持ちはそんな時代からあったのです。

日本で葬儀が行われたのは、縄文時代からだと言われています。当時の葬儀は悲しむと言うよりも、死者の魂を封じ込めておく為に行っていたのです。
更に、弥生時代に入ると墓穴を掘って埋めたり、石を置いて墓石にしたりと言うように、現代の葬儀に近くなってきます。
当時は土葬でしたが、現代の様式に近い火葬が開始されたのは、平安時代からです。

火葬がはじまったばかりの頃は、まだ全員が火葬…と言うわけではなく、特別な階級を持った人達のみが行う物でした。
江戸時代等に入り、人口が増加するにつれて、土地の無さや公衆衛生の面から、庶民も火葬を行うようになってきました。

Calendar
2017年2月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728