直接

核家族化が進み、葬儀費用や負担的にも無理がある場合、葬儀をしっかりと行うのでは無く、直葬と言う形をとって行います。
この場合は、様々な手順が不要になりますので、病院等で死亡診断書を書いて貰った後に、市役所へ提出する…と言う所までは同じなのですが
火葬許可書を貰えばそのまま葬儀費用を銀行めぐりによって下し、そのまま火葬場へ直行します。
先ほども伝えた通り、24時間以内の火葬は認められていませんので、火葬場の安置所へ預ける事になります。

後はそのまま火葬し、葬儀屋と話をつけてある通りにお寺へ供養しに行きます。
お墓等も昔はあたりまえでしたが、それもしないような形になっている人も多いです。
日本でも一部では散骨が認められていますので、散骨して墓や納骨堂にあずけると言うような形はとらない人も増えています。
永代供養等もせず、本人の希望により散骨や樹木葬を行っている場合もありますね。
貴方も自分の葬儀をどうしたいのか、この多様化する中から1つ選んでおくと良いでしょう。

Calendar
2017年2月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728